こんなお悩みはありませんか?

  • ハリや弾力のない肌
  • ほうれい線
  • 頬、目元、口元、首元のしわやたるみ
  • フェイスラインのゆるみ

スレッドリフト治療とは?

特殊な糸を皮下組織に挿入する治療で、大きく分けると、突起がついた糸を使う施術と極細糸を使う施術の二種類があります。

突起がついた糸を使う施術では、皮下組織を引き上げることで、たるみやしわを改善する効果が期待できます。

極細糸を使う施術では、糸を挿入することで「繊維芽細胞」の働きが活発になり、肌内部のコラーゲンやエラスチン生成が活性化して、ハリやツヤ弾力を回復する効果が期待できます。

スレッドリフトの施術には、それぞれの種類でいくつかのバリエーションがあり、使用する糸の素材や形状などが異なります。

施術の内容や、糸の本数などは、患者様の肌の状態や施術する場所、症状などに合わせて以下の中から最適な方法を選択します。

突起がついた糸を使う施術

①ミントリフト

突起がついた溶ける糸を使用して行います。

1本の糸で二方向に入るようになっており、仕上がりが自然で、感染による腫れや内出血もほとんどありません。

多少の個人差はありますが、1年ほど効果が持続します。

後述のハッピーリフトとミントリフトでは頬の引き上げ方向が異なるため、二種類の施術を併用し、より自然な仕上がりにすることも可能です。

②KINGcog.

もみあげに小さな穴を開け、そこから頬に向け、4方向の放射状にKINGcog.という溶けるタイプの糸を入れる施術です。

糸にはトゲ状の突起があり、糸を引くことで頬をリフトアップすることが可能です。

後述のゴールデンリフトに比べ、リフト力は弱めで、効果が持続する期間も約半年と短めですが、施術が簡単で腫れや痛みが少なく、リーズナブルな金額で受けられるのが特徴です。

③ハッピーリフト

手術などにも使われる生分解性ポリマーという安全な素材で作られている糸で、トゲのような返しの加工がされています。

トゲが皮下組織にしっかり引っかかることで、ミッドフェイス(目の下から口くらいまでの部分)をリフトアップすることが可能です。

溶けるタイプの糸なので、一年程度で体内に吸収されますが、糸を挿入することで皮膚のコラーゲンやヒアルロン酸量が増え、肌質を改善する効果も期待できます。

④ゴールデンリフト(スプリングリフト)

バネのように伸縮性のある糸(スプリングスレッド)で、たるみを引き上げる施術です。

糸が伸び縮みして筋肉の動きを妨げないため、口周りなどよく動かす部位も施術が可能です。

糸には、1㎝につき24個という高密度で「コグ(突起)」が付いており、それぞれ90度の角度で4方向を向いているのが特徴です。

コグがしっかりと皮下組織に引っかかり、引き上げることで高いリフトアップ効果が期待できますが、コグの先端は丸みを帯びているので周辺の皮膚組織を傷付ける心配はありません。

また、糸の強度が高く、溶けないタイプのため、効果の持続期間が他の施術と比較して2~3年と長いのもメリットです。
ただし、感染による腫れなどが生じるリスクがあります。

スプリングリフト拡大図

⑤ゴールデンスペシャルリフト

ゴールデンリフトの後、余ってしまった皮膚を切除する施術です。

ある程度、たるみが大きくなると、糸で引き上げた皮膚が余ってしまうため、余分なたるみを切ることでフェイスラインがよりスッキリとします。

耳の付け根に切開の傷跡が残りますが、目立たないように仕上げることが可能です。

切除する分、ダウンタイムが若干必要ですが、効果の持続期間は3~5年と長いのが特徴です。

極細糸を使う施術

⑥ショッピングスレッド

医療用の特殊な針を使用して、髪の毛よりも細い極細の糸を20~30本、皮下に埋め込む施術です。

傷を治そうとする治癒力で皮膚の再生力が活性化し、糸の周りでコラーゲンの生成が活性化されるため、たるみや毛穴の改善、弾力アップなどの効果が期待できます。

溶けるタイプの糸のため、6~8ヶ月かけて少しずつ体内に吸収されますが、リフトアップ効果は1年半~2年程度持続します。

施術時間は15分と短く、ダウンタイムもほとんどないため、「そのままショッピングに行けるほど手軽」という意味で「ショッピングスレッドリフト」という名前が付いています。

ショッピングスレッド

⑦新スクリュー型ショッピングスレッド

ショッピングスレッドリフトの進化版で、通常「U状」に埋没させる糸を、らせん状に埋没させることで、リフトアップ効果や持続性をさらに高めることが可能になりました。

新スクリュー型ショッピングスレッドリフト

突起がついた糸と極細糸を組み合わせて使う施術

⑧トータルリフト

肌質やたるみの状態に合わせ、KINGcog.、ハッピーリフト、ショッピングリフトの3つの糸を併用して行う施術で、それぞれの施術を単独で受けるよりもリーズナブルな費用で受けられるのがメリットです。

スレッドリフトの特徴

  • メスを使わないので傷跡が残らない
  • 腫れがほとんどないのでダウンタイムが短い
  • 施術時間が短い
  • 外科手術に使用される医療用の素材を使用

メスを使わないので傷跡が残らない

従来のたるみ治療はメスで切開して皮膚を引き上げる方法が一般的でしたが、スレッドリフト治療は、糸を挿入することでたるみを引き上げるため、メスによる切開などが必要ありません。

手術は不安という方や、たるみ治療を初めて受けるという方でも気軽に試すことが可能です。(※ゴールデンスペシャルリフトを除く)

腫れがほとんどないのでダウンタイムが短い

手術と同等のリフトアップ効果が得られるにもかかわらず、腫れがほとんどなく、ダウンタイムが短いのがスレッドリフトのメリットです。

術後の経過には個人差があり、施術方法によっても時間は異なりますが、切開によるエイジング治療に比べ、ダウンタイムが圧倒的に短いのが特徴です。

ただし、効果の持続期間は手術と比較すると短くなります。

施術時間が短い

あらかじめ、糸を入れる場所をデザインし、マーキングしたところに糸を入れていく治療ですので、15分~1時間程度で行うことが可能です。(※施術箇所や施術内容による)

効果が分かりやすく、施術法が選べる

糸に付いた突起(引っかかり)がたるみをしっかり引き上げ固定するので、治療直後から、リフトアップ感を実感できます。

また、効果の持続期間は施術内容や箇所により異なりますが、半年程度から5年程度と幅広いので、患者様のライフスタイルやご希望で施術法を選択することが可能です。

外科手術に使用される医療用の素材を使用

当院のスレッドリフトで使用する糸は、時間と共に体内に吸収されるものや、人体組織と同じような性質を持つものなどいくつかの種類がありますが、どれも外科手術などの医療用にも使われるようなクオリティの素材を使用しています。

ゴールデンスペシャルリフト症例写真

ゴールデンスペシャルリフト症例写真

術前と術後6か月です。
口元のたるみの改善が見られます。基本的に静脈麻酔を使用します。
腫れは少ないですが全く腫れないということではありません。内出血も少ない施術です。
糸を使った施術ではディンプルといって、えくぼのようにくぼみができることがあります。このようになった場合でも修正しますので大丈夫です。
料金は麻酔代込みで74万円(税抜き)ほどです。

ゴールデンリフト(スプリングリフト)症例写真

ゴールデンリフト(スプリングリフト)症例写真

術前と術直後です。
糸は8本使用しています。口元から頬にかけてリフト効果が見られます。
この方は目の下に脂肪注入も併せて行っています。
腫れは少ないです。内出血も見られません。基本的に静脈麻酔を使用します。
糸を使った施術ではディンプルといって、えくぼのようにくぼみができることがあります。このようになった場合でも修正しますので大丈夫です。
料金は麻酔代込みで約46万円(税抜き)ほどです。

スレッドリフト治療の流れ

STEP1診察・カウンセリング

美容クリニック院長診察医師が患者様のお悩みをじっくりと伺い、しわやたるみなど肌の状態を確認します。 その後、患者様のご希望やライフスタイルなどを考慮し、最適なスレッドリフト治療をご提案いたします。
治療に関する不安なことやご質問などはお気軽にご相談ください。

STEP2洗顔・クレンジング

施術前にはクレンジングを行い、メイクや皮脂汚れなどをしっかり落とします。

STEP3マーキング

スレッドリフトの内容やデザインに合わせ、糸を挿入する場所をマーキングします。

STEP4麻酔

痛みの緩和のため、施術前に麻酔(麻酔クリーム、局所麻酔、静脈麻酔など施術により異なる)を行います。※痛みに特に弱い方は事前にご相談ください。

STEP5施術

麻酔の効果を確認後、施術内容に合わせ、糸を挿入していきます。
※ゴールデンスペシャルリフトの場合、糸の挿入後に切除、縫合を行います。

STEP6終了

必要に応じ、治療箇所の消毒やテープによる保護などを行い、施術は終了となります。※施術によっては冷却などの処置を行う場合もあります。

ご注意

以下のような方の場合、施術を行うことができない場合がありますので事前にご相談ください。
  • 妊娠中の方
  • 他院で糸の治療を受けている方
  • 皮膚病や皮膚に炎症がある方
  • 施術部にケロイドや傷のある方

術後について

  • ゴールデンリフト、ミントリフトは、10日後に再診が必要です。
  • ゴールデンスペシャルリフトは、3日後にガーゼ交換、7日後に抜糸が必要です。
  • 施術によっては、治療後、痛みや腫れ、内出血などが起こる場合がありますが、患部を冷やすことで症状を軽減することが可能です。
  • 洗顔、メイク、シャワーは翌日から可能ですが、患部に刺激を与えないように、優しく行いましょう。
  • 患部への強いマッサージなどは控えましょう。

スレッドリフトQ&A

施術による痛みや腫れなどの副作用はありますか?
施術中は麻酔が効いているため、痛みを感じることはありません。
施術内容によっては赤みや腫れが数日残る場合もありますが、術後の経過やアフターケアなどについてはそれぞれの施術ごとに詳しくご説明いたしますので、ご安心ください。
仕事を長期に休めませんが、治療できますか?
スレッドリフト治療は、切開などによる治療に比べると腫れが少なく、回復が早いのが特徴です。
患者様のお仕事やライフスタイルなどに合わせて、糸や施術の内容を選択することも可能ですので、まずは一度ご相談ください。
糸が切れて元に戻ってしまうことはありませんか?
糸は、外科手術などにも使われるような素材なので、非常に耐久性に優れています。
例えばスプリングスレッドの場合、負荷は糸全体に分散され、一部にのみ過剰な力が掛からない構造になっているため、糸が切れる心配はほとんどありません。
糸を入れることで表情が引きつったりしませんか?
カウンセリング時に患者様のお肌をしっかりと見極め、顔の動きを妨げることが無いように施術法を選択し、糸を入れる位置なども細かく調整してデザインしますので、自然な表情を妨げることなく、引っ張られる感じはありません。

院長高野邦雄からのひとこと

当院では、糸を使ったリフトを多く手掛けてきましたが、最近ではミントリフトのような溶ける糸による施術を希望する方が増えています。

ダウンタイムを気にされる患者様も多いため、当院では、効果的なリフトアップでありながら、いかにダウンタイムを少なくできるかを常に研究しており、いくつかの糸を効果的に組み合わせて行う「トータルリフト」のような治療も可能です。

患者様のお悩みやご要望に沿って最適な治療をご提案いたしますので、まずは一度ご相談においでください。