こんなお悩みはありませんか?

  • まぶたが重くて、目が開けづらい
  • 物が見えづらくなった
  • 目を開ける時、眉毛も上がってしまう
  • 上まぶたがくぼんでいる
  • 目が小さくなった気がする
  • 昔より二重の幅が広くなる、左右差がある
  • 額にしわができるようになり、肩こりや頭痛がある
  • 眠そうに見える
  • ボトックス注射で額のしわ取りをしたら、まぶたが重くなった

眼瞼下垂とは?

目を開けた時に上まぶたの上りが正常に比べて弱い(少ない)状態です。生まれつきのものと、成人してから症状があらわれるものとあります。

ほとんどの人が後者で、上まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋:がんけんきょきん)腱膜(筋肉は最後に腱になる)が瞼板(けんばん)から外れていくことで症状が出始めます。

まぶたを持ち上げる機能を改善する眼瞼下垂手術には主に二つの方法があります。

1. 眼瞼挙筋腱膜の瞼板への付着部の修復
これは成人してから発症した人に対して行う手術です。
このタイプでは挙筋の機能自体は正常ですので、まぶたの皮膚を切開し、外れている挙筋腱膜を瞼板に再度縫い付け、固定します。
これにより、まぶたの上りが以前のように大きくなります。
2. 生まれつき目の開きが弱い人に対して行う方法
生まれつきの場合は、挙筋の機能自体が弱くなっています。
程度の差によりますが、軽度の場合は上記の方法に近いですが、挙筋自体を短縮する方法があります。
短縮では改善が望めないようであれば、前腕の腱や大腿の筋膜を額の筋肉(前頭筋)と上まぶた(瞼板)の間に移植する方法があります。

眼瞼下垂手術の特徴

  • 見えづらさの改善や頭痛・肩こりの解消
  • 額のしわ・まぶたのくぼみがなくなり、はつらつとした印象へ
  • 目元のデザインや左右差の調整も可能

見えづらさの改善や頭痛・肩こりの解消

「眼瞼下垂」は、上まぶたが持ち上がらない機能異常が起こることで、見えづらく感じたり、目が疲れやすくなったりします。

また、まぶたの開きが悪いことで、無意識に眉を上げ、額の筋肉まで使って目を開けようとするので、頭痛や肩こり、自律神経の不調を引き起こします。

「眼瞼下垂手術」では、まぶたを持ち上げる”眼瞼挙筋”と付随する”腱膜”を縫い縮め、”瞼板”に固定することで、まぶたがしっかり上がるようになるため、見えづらさの改善や頭痛・肩こりの解消が期待できます。

額のしわ・まぶたのくぼみがなくなり、はつらつとした印象へ

「眼瞼下垂」の方の顔つきは、上まぶたが下がり、瞳(瞳孔)付近までかかっているので、眠たそうな印象になります。

また、狭くなった視野をカバーするために眉毛を上げて額の筋肉を使って目を開けるようになると、額のしわや上まぶたのくぼみが生じやすくなります。

「眼瞼下垂手術」により、まぶたが正常に持ち上がるようになると、眉の位置も戻り、額のしわや上まぶたのくぼみが薄らいできて、はつらつとした印象に変わります。

目元のデザインや左右差の調整も可能

当院では、まぶたが開きづらい状態を改善するだけでなく、左右差・顔とのバランス調整・デザイン性にも配慮しながら、「眼瞼下垂手術」を行っています。
また、当院の院長は”目元スペシャリスト”として、「ちょうどよい切開加減」で「傷跡を目立たなくさせる」ことにこだわり、患者様にとって”魅力的な目元”となるような施術を行っています。

眼瞼下垂治療の流れ

STEP1診察・カウンセリング

美容クリニック院長診察

診察およびカウンセリングは、院長が十分時間をかけて行いますので、お気軽にご希望をお聞かせください。
患者様のまぶたの状況や下がっている原因を見極め、どの治療法が適しているのか、お話させていただきます。
そのほか、治療内容や施術の流れ、治療リスク、注意点についても丁寧に説明させていただきます。
ご納得いただいた上で施術を行いますので、安心してご来院ください。

STEP2シミュレーション

ご希望の施術方法をシミュレーションし、手術の予定を立てます。
手術(局所麻酔)は、後日行います。

STEP3麻酔

術前にシミュレーションしたとおりに、皮膚切開部分をデザインします。
その後、注射による局所麻酔を行います。※まぶたの表側のみ
麻酔注射では非常に細い針(34G)を使用するので、痛みは心配するほど強くはありません。
特に痛みに弱いという方は、リラックス麻酔(静脈麻酔)での施術も可能ですので、事前に医師・スタッフにご相談ください。

STEP4施術

まぶたを十分に開けられるよう、決定した術式で施術します。

STEP5クーリング

問題がなければ、少しまぶたを冷やし、皮膚へのダメージ(腫れ)を落ち着かせた後、お帰りいただけます。

STEP6アフターケア

自宅でもよく冷やした方が、腫れが少なくて済みます。
術後1週間:抜糸のため、ご来院が必要です。

ご注意

  • 効果の程度には個人差があります。
  • 洗顔・入浴・メイクは、術後翌日より可能です。
  • 患者様の目の状態など詳しく診察およびカウンセリングをさせていただいた際、別の方法のご提案をさせていただくこともございます。

術後について

  • 施術当日は、メイク・洗顔・入浴・アルコールを控えるようにしてください。
  • 施術当日は、若干腫れが出ますので、帽子やサングラス、メガネといった目元を隠せるものがあると良いでしょう。

眼瞼下垂Q&A

「眼瞼下垂手術」は、痛くありませんか?
局所麻酔をするため、手術中の痛みはありません。
注射の針には、極細針を使用しておりますので、注射自体の痛みについても心配いりません。
また、腫れ止め・痛み止めの薬を4日間処方します。
どうしても痛みが心配な方は、リラックス麻酔(静脈麻酔)による施術も行っております。
医師またはスタッフまでお気軽にご相談ください。
施術による副作用はありますか?
術後、内出血や腫れが起こりやすい状態です。
良く冷やすことで、腫れを抑えられます。
痛み止め・腫れ止めのお薬を処方します(4日分)。
また、涙が蒸発しやすくなる、目が乾き気味になることがありますが、次第に改善していきます。
「眼瞼下垂手術」は、どのくらい時間がかかりますか?
日帰りで可能で、両目2時間前後です。
まぶたの状況などに個人差があるため、所要時間は前後します。
「眼瞼下垂手術」当日に持参すると良いものや注意することはありますか?
施術当日は、腫れが出やすい状態です。
紫外線は、腫れを悪化させる可能性もありますので、目元を隠せる帽子やサングラス、メガネをご持参いただくと良いでしょう。
また、麻酔を行うので、自動車やバイクなどの運転はお控えください。
公共交通機関(電車・バス・タクシーなど)でお越しください。
なお、腫れを強めることになりますので、施術当日は飲酒や入浴・洗顔もお控えください。
ダウンタイムはどのくらいですか?
腫れは1週間程度で、ほとんど目立たなくなります(個人差あり)。
目元が気になる場合、施術の翌日以降からメイクで隠していただくことも可能です。

院長高野邦雄からのひとこと

「眼瞼下垂」の主な原因は加齢ですが、実は長年ハードコンタクトレンズを使用していた方、目をよくこする癖がある方にも起こりやすい疾患です。

「眼瞼下垂手術」によって、まぶたの開きづらい状態が改善されると、目が大きく見え、額のしわやまぶたのくぼみも改善されるため、”魅力的な目元”へと生まれ変わります

さらに、頭痛・肩こりの解消など健康面の効果も期待できるので、できるだけ早めに治療すると良いでしょう。

当院の「眼瞼下垂手術」は、十分に時間をかけて、患者様の上まぶたの状況や原因を見極め、「まぶたの状態の改善」および「魅力的な目元」の両方を実現できるよう施術を行っています。 お気軽にご相談ください。