こんなお悩みはありませんか?

  • 小さい胸がコンプレックス
  • 左右の胸の大きさが違う
  • 胸に張りがない、年齢的に膨らみが落ちてきた
  • はっきりバストアップ効果を感じたい
  • バストの大きさを長く維持したい
  • ヒアルロン酸注入豊胸では、満足できなかった

豊胸手術とは?

豊胸手術とは、わきの下または乳房の下を切開し、袋状のバッグと呼ばれる人工乳腺を埋入し、女性の乳房のボリュームを出すために行う手術です。

豊胸手術は、バッグの内容物・形状(ラウンド型/アナトミカル型)・表面の加工タイプ・埋入場所(乳腺の下/大胸筋の下)・切開場所(乳房の下/わきの下)といくつか種類に分かれています。

近年、シリコンバッグの安全性および製造技術が向上し、ざらざらした特殊加工を施して、術後の乳房が硬くなる副作用を軽減させるテクスチャードタイプが広く用いられています。

シリコンバッグの形状や埋入場所・切開場所などは、患者様のバストの形や体型を考慮した上で、慎重に決定します。

豊胸(シリコンバッグ埋入)の特徴

  • しっかりバストをボリュームアップ
  • 安全性が高く、リアルな質感のシリコンバッグを使用
  • 手術でも「安全で、患者様に苦痛を与えない施術こそ第一」

しっかりバストをボリュームアップ

乳腺の下などにシリコン製バッグを埋入することで、ヒアルロン酸や脂肪注入による豊胸術よりもしっかりとバストのボリュームを出せます。

従来に比べ、シリコンバッグの感触も柔らかく改良されており、切開部分も目立ちにくく、より自然なバストを作ることが可能になりました。

安全性が高く、リアルな質感のシリコンバッグを使用

当院では、FDA(米国食品医薬品局)承認済のトップメーカーのシリコンバッグを採用しています。

患者様のご希望と体型・元のバストの形などを考慮した上で、慎重に選択することになります。

Motiva エルゴノミクス

当院では、アメリカ Establishment Labs社のMotiva エルゴノミクスを使用しています。

従来のものと比べ、形が不自然になりにくく、触れた感じが柔らかく、体勢の変化でトップの位置が自然に変化する作りとなっています。

さらに、被膜硬縮が起こらない、ジェル漏れが起こらない、他のバッグで現在指摘され始めたリンパ腫の発生を防げる、等の利点があります。

手術でも「安全で、患者様に苦痛を与えない施術こそ第一」

シリコンバッグ埋入による豊胸術は、切開が必要となる”手術”となります。

当院では、「安全で、患者様に苦痛を与えない施術こそ第一」と考え、痛みの軽減にこだわり、全身麻酔にて施術を行うので、施術中の痛みは感じません。
術後も4日分は痛み止め・腫れ止めを処方しますので、特に心配ありません。

また、当院の院長は形成外科および美容外科の専門医で、美容医療歴25年の経験豊富な知識と手術技術を兼ね備えており、単にバストを大きくするだけではなく、患者様に合わせた適度な張りや柔らかさ、美しい形を重視した施術を行っています。

豊胸症例写真(160cc)

豊胸症例写真(160cc)

乳房下溝切開から乳腺下にテクスチャータイプシリコンジェルバッグ160㏄を挿入。料金は約80万円。腫れ、内出血が起こります。血腫が起こる可能性があります。異物ですので感染を起こす可能性があります。乳頭の知覚鈍麻が起こることがあります。

豊胸症例写真(240cc)

豊胸症例写真(240cc)

脇の下から乳腺下にテクスチャータイプシリコンジェルバッグ240㏄を挿入。料金は約90万円。腫れ、内出血が起こります。血腫が起こる可能性があります。異物ですので感染を起こす可能性があります。乳頭の知覚鈍麻が起こることがあります。

豊胸症例写真(280cc)

豊胸症例写真(280cc)

脇の下から乳腺下にテクスチャータイプシリコンジェルバッグ280㏄を挿入。料金は約90万円。腫れ、内出血が起こります。血腫が起こる可能性があります。異物ですので感染を起こす可能性があります。乳頭の知覚鈍麻が起こることがあります。

治療の流れ

STEP1施術の説明・カウンセリング

美容クリニック院長診察経験豊富な院長が、充分に時間をかけてカウンセリングを行います。
  1. どのくらい大きくしたいのか? 何種類かのバックをブラジャーに入れて、鏡を見ながら入れるバッグのタイプを決定します。
  2. どの場所(部位)から入れるか? 患者さまの体系やバストの形を見ながら決定します。
  3. シリコンバッグ埋入は適しているのか? メリットとデメリットをご説明します。
その他、施術内容や方法について、院長がわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

STEP2麻酔

カウンセリングにより決まった方法で手術を進めていきます。
全身麻酔を行います。

STEP3施術

当院では、「安全で、患者様に苦痛を与えない施術こそ第一」に施術しています。
手術時間は、左右で約2時間です。
また、切開した部分は少しずつ目立たなくなります(個人差あり)。

STEP4アフター

豊胸術は、アフターケアが重要となります。
施術後は出血の可能性を避けるため、一定期間(1週間程度)圧迫固定をおこないます。
腫れ・内出血の軽減には約10日かかりますので、当面はバストに圧迫など負担がかかるような動きを避ける必要があります。
状況に応じ、経過観察に来ていただき、炎症や腫れがないかをチェックいたします。
施術1週間後に抜糸となりますので、その際に通院が必要です。
なお、入浴は抜糸後(約1週間後)くらいから可能となります。(※個人差あり)

ご注意

  • カウンセリング・診断の結果、別のご提案をさせていただく場合もございます。
  • 大胸筋下からの埋入手術は、乳腺下の手術に比べて、術後の痛みが強い場合が多いです。
  • 妊娠中や妊娠の可能性のある方は「シリコンバッグ豊胸」をお受けいただけない場合がございます。 詳細につきましては、医師やスタッフまでにご相談ください。

術後について

  • シリコンバッグ埋入による「豊胸術」の効果・仕上がり・ダウンタイムの有無には、個人差がございます。
  • 術後に重たい物を持ったり激しく動いたりすると、痛みが長引く・出血の原因となることがあります。 施術後1週間~1か月程度、胸に負担がかかるような痛みを伴う動作は、控えると良いでしょう。
  • 入浴など血流を促進する行為は、腫れを誘発する場合がありますので、症状が落ち着くまではあまり身体を温めすぎないようご注意ください。
  • スポーツなど運動・飲酒は、約2週間前後お控えください。
  • 通常、抜糸後ノンワイヤーブラジャーが使用できるようになります。 また、ワイヤー入りのブラジャーはバッグの位置を変えてしまう恐れがあるため、1~2ヵ月は装着をお控えいただいた方が良いでしょう。

Q&A

「シリコンバッグ埋入による豊胸術」のデメリットはありますか?
当院の豊胸術で使用するシリコンバッグは安全性の高いバッグを使用しておりますが、施術前に知っておいていただきたいデメリットもございます。
  1. カプセル拘縮(こうしゅく)
    シリコンは人体に親和性の高い素材です。しかし、人体から見たら”異物”ではあるので、どうしても身体が反応して、膜を作ってしまう(=カプセル、被膜)場合もあります。 膜ができたとしても問題にならない場合がほとんどですが、カプセルが厚くなり固くなってしまう場合や変形してしまう場合もあり得ます。
  2. 感染症
    豊胸術は手術である以上、感染の危険性がゼロではありません。 当院では清潔度の高い、きちんと管理された手術室および手術器具の使用など、感染リスクの軽減に務めています。
  3. シリコンバッグ破損
    当院で使用するシリコンバッグは、万が一破損しても内容物が漏れにくい仕様となっていますが、強い衝撃や鋭利なものを当てる、数十年使用することで経年劣化が発生し、破損を生じる可能性もあります。
  4. 胸の形が不自然、シリコンバッグが分かる
    特に痩せ型の方など体型によっては、触ってシリコンバッグが分かってしまう、バッグの形が浮き出る、リップリング(波状のしわが透けて見えること)を起こす等の可能性もあります。
  5. 乳頭の知覚異常
    施術後、一過性(半年程度)の乳頭の知覚異常(鈍麻、過敏)を起こす可能性があります。
    ほとんどの方が回復してきますが、回復内容には個人差があります。
  6. 傷跡
    目立たない部位(わきの下または乳房下)に行いますが、約3.5cm~4cmの切開が必要になります。 傷跡は3か月ほどで目立たなくなっていきますが、完全になくなるわけでありません。
「シリコンバッグ埋入による豊胸術」は痛いですか?副作用はありますか?
全身麻酔で行いますので、施術中の痛みは心配ありません。
痛みの感じ方には個人差がありますが、術後の痛み・腫れなどダウンタイムのピークは施術後3日間とされ、1週間くらいで少しずつ落ち着いてきます。
当院では痛み止め・腫れ止めを4日分処方します。
完全回復までは、1か月くらいかかります。(※個人差あり)
「シリコンバッグ」を埋入しても、授乳に問題はありませんか?
乳腺の下、大胸筋の下、どちらの手術も乳腺を操作することはありませんので、基本的には授乳に影響はありません。
しかし、手術後半年程度は、乳輪乳頭の知覚異常を起こす(赤ちゃんがおっぱいを吸うと、脳に指令が行き、乳汁の分泌を増やすなどの知覚が鈍くなる)可能性があります。
低下した感覚は次第に回復しますが、個人差があります。
「シリコンバッグ」は、レントゲンに写りますか?
CT・MRI・乳がん検診の場合、シリコンバッグは写りますので、事前に申告した方がよいでしょう。
特に、マンモグラフィー検査はバッグが破裂する可能性があります。
詳しく状態を確認する場合には、MRI検査の方がよいでしょう。
「シリコンバッグ」を入れたら、乳がんの発見が遅れることはありませんか?
バッグを入れたからといって乳がんになる、乳がんの発見が遅れるということは基本的にはありません。
ただし、最近、バッグを入れたことによる悪性のリンパ腫の発生が海外で発表されています。これは、極端に大きいバッグを入れた時に起きるようです。日本人が入れる程度の大きさでは起こらないとされています。また、メーカーが特定されています。当院ではそのメーカーのものは使用していません。

院長高野邦雄からのひとこと

豊胸術の中でも、乳腺や大胸筋の下に入れるシリコンバッグ埋入術は、確実にサイズアップすることができます。

しかし、豊胸は「単に大きくすればいい」というものはではありません。

当院ではバストのボリュームアップに加え、「美乳」という言葉が表すような「適度な張り」「柔らかさ」「美しい形」に近づけるべく、患者様のご要望やお体に合わせて、理想的なバスト作りをいたします。

長年小さな胸にコンプレックスをお持ちの方、胸に張りがなくなったと感じられている方、お気軽にご相談ください。