こんなお悩みはありませんか?

  • ほうれい線が気になる
  • 眉間や目尻にしわができた
  • 目の下やこめかみがくぼんできた
  • 頬がこけてきた
  • 鼻を高くしたい
  • シャープな輪郭になりたい
  • 切るような痛い手術はしたくない

ヒアルロン酸とは?

「ヒアルロン酸」とは高い保水力(水分を保つ力)を持った成分で、実は体内で産生しています。
しかし、年齢と共に減少していくので、次第に水分量の少ない肌が”しわ・くぼみ”となって、”老け顔”の原因となります。

しわやくぼみが気になる目尻や眉間・ほうれい線・頬などに「ヒアルロン酸」を注入すると、皮膚にハリを与え、しわを改善して、くぼみを浅くすることができます。

注入する「ヒアルロン酸」は無色透明のジェル状で、基本的に副作用はなく安全な物質です。

施術後の効果が早く現れ、一定期間を過ぎると薄れ、身体に残らず元に戻る特長があるので、手軽に試せる”プチ整形”としても人気の高い治療です。

ヒアルロン酸の特徴

  • しわ・くぼみ改善・鼻を高くする・あごを出すなど幅広く活用できる
  • 安全性の高いヒアルロン酸を使用
  • 気軽に試せる”プチ整形”
  • 先が丸く柔らかい注射針を使用

しわ・くぼみ改善・鼻を高くする・あごを出すなど幅広く活用できる

私たちの肌は「ヒアルロン酸」によって、ハリや潤いが保たれています。

しかし、年齢と共に体内から減少していくため、しわ・くぼみの原因となります。高い保水力を持つ「ヒアルロン酸」を気なる部分に注入すると、不足した保水力を補うことができるので、しわ・くぼみを改善できます。

ほかにも、鼻を高くする、あごを出す、おでこや唇に丸みを出すなど魅力的なパーツの形成にも活用できます。

安全性の高いヒアルロン酸を使用

当院で使用している「ヒアルロン酸」は、フランス製の「Juvederm(ジュビダーム)」です。

院長自身も約10年以上使用しており、安全性が高く、これまで当院において副作用によるトラブルはありません。

当院で扱う「ヒアルロン酸」は、次のようなラインナップをご用意しております。 ※数字が大きくなるにつれ、硬さのあるジェルになります。

①SURGILIFT plus 最も柔らかいヒアルロン酸です。少量ずつ何か所かに分けて注射します。
皮膚にふっくらと張りを出させることにより、とても細かいシワを目立たなくさせることができます。
②Juvederm(ジュビダーム) REFINE SURGILIFT plusに次いで柔らかく、細かいシワに注入、または涙袋形成などに使用します。
③Juvederm(ジュビダーム) ULTRA 標準的な硬さです。
眉間のシワや、ほうれい線、目の下のへこみの改善などに使用します。
④Juvederm(ジュビダーム) FORMA 少し硬めのヒアルロン酸です。
鼻を高くしたり、あごを出したりするときに使用します。
⑤Juvederm(ジュビダーム) VOLUMA 硬いヒアルロン酸です。
加齢により頬が垂れてきた方に、頬を高くするように輪郭形成の目的で注入するものです。
これは脂肪注入の代わりを果たすものなので、局所麻酔を必要とします。

気軽に試せる”プチ整形”

注入した「ヒアルロン酸」は、少しずつ体内に吸収されていくため、次第に効果が薄れてきて、最終的に異物として残らず、数か月から1年くらいで元の状態に戻ります。

手軽に施術できるので、「気になる部分が改善されたら、どのような感じになるのか?」といった”お試しプチ整形”としても人気の高い治療です。

先が丸く柔らかい注射針を使用

当院の「ヒアルロン酸注射」で使用している注射針は、先端が丸く芯が柔らかいので、血管や神経を傷つけず、痛み・出血がありません。痛みに弱い方でも安心して、治療することができます。
※ご希望があれば、麻酔クリームや痛み止め注射を使用して、施術することも可能です。

無痛針

ヒアルロン酸症例写真(法令線)

ヒアルロン酸症例写真

法令線にヒアルロン酸を注入しています。両側で1㏄使用しています。
注入にあたっては痛み、内出血が起こることがあります。
料金は1㏄使用で、5万円(税抜き)です。

ヒアルロン酸症例写真(隆鼻)

隆鼻ヒアルロン酸症例写真

価格は注入量によります。0.1当たり10,000円(税抜き)。
鼻根部が太く見えたりすることがあります。

ヒアルロン酸治療の流れ

STEP1施術の説明・カウンセリング

美容クリニック院長診察

経験豊富な院長が、充分に時間をかけてカウンセリングを行います。

患者様の症状・ご要望に対して、「ヒアルロン酸は適しているのか?」「どのような効果がどのくらいの期間持続するのか?」など、施術内容や方法について、院長がわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

STEP2シミュレーション

ご希望により、改善箇所と具合を確かめながら、シミュレーションします。
特に問題なければ、当日施術します。

STEP3施術

患者様のご希望の施術を行います。(約10~15分)
また、他の施術と並行して行うことも可能です。
患者様の求めるベストな状態に近づけるため、経験に基づきアレンジしながら、施術を進めていきます。

STEP4アフター

施術後は、いつも通りの生活ができます。
また、パウダーメイクであれば、施術直後も可能です。(通常のメイクは数時間経ってからがよいでしょう)
入浴・メイク・洗顔・飲酒などは、翌日以降から可能です。
※ヒアルロン酸は、施術後すぐに効果が現れますが、数か月から1年くらいで徐々に効果が薄れ、元に戻ります。

ご注意

  • カウンセリング・診断の結果、別のご提案をさせていただく場合もございます。
  • 妊娠中や妊娠の可能性のある方は「ヒアルロン酸注射」」をお受けいただけない場合がございます。 詳細につきましては、医師やスタッフまでにご相談ください。

術後について

  • 「ヒアルロン酸注射」による効果・仕上がり・ダウンタイムの有無には、個人差がございます。
  • 施術後1週間~1か月程度、ヒアルロン酸が組織になじむまでは、注入部位を強くこする、マッサージすることをお避けいただく方がよいでしょう。
  • 入浴など血流を促進する行為は、腫れを誘発する場合がありますので、あまり身体を温めすぎないようご注意ください。
  • 注入部位は、なるべく日焼けを避けて、日焼け止めクリームをご使用ください。

ヒアルロン酸Q&A

「ヒアルロン酸」注入は痛いですか?
当院では、先端が丸く芯も柔らかい注射針で注入しますので、極力痛みがないように配慮しています。
ただし、痛みの感じ方には個人差があるため、注入部位によっては針を刺した時にチクッとするような痛みを感じる場合もございますが、我慢できる程度の軽い痛みですので、心配ありません。
ご希望があれば、施術部位に麻酔クリームを塗ることや痛み止め注射をしてから注入することもできます。
また、施術後2~3日は、鈍痛を感じることもあります。
「ヒアルロン酸」注入による副作用はありますか?
ヒアルロン酸は、元々体内にある成分なので、副作用を起こす可能性は低く、アレルギーの可能性もほとんどありません。
関節治療などにも使用されており、特に腫れや赤みなど副作用はありません。
まれに内出血する場合もありますが、メイクで隠せる範囲です。
気になる方は、マスクや帽子をされると良いでしょう。
「ヒアルロン酸」注入は、具体的にどのような改善が期待できますか?
  • 鼻筋を通す、鼻を高くする
  • あごを高くする、あごを出して輪郭をシャープにする
  • 下まぶたのくぼみ、頬のこけをふっくらさせる ※脂肪注入の代わり使用可能。
  • 目元の小じわ取り 柔らかいヒアルロン酸を少量ずつ多箇所に注入し、小じわを取ります。
  • 顔の若返り 眉間のしわ、マリオネットライン、法令線に注入してへこみを埋め、顔の凹凸を改善するので、若々しい表情に生まれ変わることが可能。
  • 唇や額に丸みを出す
  • 側頭部(こめかみ)の凹みを埋める
  • 涙袋形成
「ヒアルロン酸注射」ができない人はいますか?
妊娠中の安全性は確立されていなので、できれば避けた方がよいでしょう。
「ヒアルロン酸注射」は、どのくらいのペースで行えばよいのですか?
ヒアルロン酸は、施術後すぐに効果が現れますが、数か月から1年くらいで元に戻ります。
使用するヒアルロン酸の種類および個人差によって、効果の持続は異なります。
効果が落ちてきたと感じたら、再度注入していただく形で問題ありません。

院長高野邦雄からのひとこと

「ヒアルロン酸」は、顔のしわ・くぼみ改善だけでなく、手や唇などをふっくら若返らせる、鼻を高くする、あごを出すなど幅広く利用できる特長があります。

当院では、部位や用途に合わせ、Juvederm(ジュビダーム)シリーズ以外にも様々な「ヒアルロン酸」をご用意しています。

【ジェル状ではない、液体状のヒアルロン酸(非架橋ヒアルロン酸)】 皮膚成長因子を含み、肌のハリを出す、目の下のクマ(肌のトーンを明るくする)にも有効。

【リデンシティー】 8種類のアミノ酸・3種類の抗酸化剤・2種類のミネラル・ビタミンB6・局所麻酔剤が含まれているヒアルロン酸。頬の張りを出して、ふっくらとさせる。

また、他院で注入されたヒアルロン酸治療の修正(溶解注射:ヒアルロニダーゼによるリフォーム)も承っています。

「ヒアルロン酸」は体内に元々ある成分なので安全性が高く、私自身も約10年以上使用していますので、安心しておすすめできます。お気軽にご相談ください。