お望みの目もとに。注射からプチ整形や手術まで、あなたにピッタリな施術方法をご提案いたします。二重整形の事なら、医学博士でもあり専門医で経験豊富な東京の有楽町高野美容クリニックまでご相談ください。

  • 切開による二重 部分切開(小,中,大) 全切開

    「二重切開法」は、二重ラインに沿って皮膚を切開して、元に戻りにくい”しっかりとした二重ライン”を作る治療法です。まぶたに厚みがある方、埋没法をしても元に戻ってしまう方、確実性のある二重にしたい方におすすめの二重治療です。中でも「部分切開(小切開・中切開)」は、切開しても腫れが少ない上、元に戻りづらいと人気です。

    詳しくはコチラ

  • 二重埋没法

    「二重埋没法」はメスを使わず、医療用の極細糸をまぶたに埋め込むことで二重のラインを作る治療法です。痛みや腫れが少なく、短時間で手軽に自然な二重まぶたを作れることから「プチ整形」とも呼ばれ、人気の高い二重治療です。

    詳しくはコチラ

  • 上まぶたのたるみ取り

    「上まぶたのたるみ取り」は、加齢によってたるんできた上まぶたの余分な皮膚を切除して、すっきりした目元に戻す治療法です。たるみが酷くなると、「老け顔」の印象を与えたり、視野が狭くなるだけでなく、頑張って目を開けることにより額のしわが増える、頭痛・肩こりになることもあります。

    詳しくはコチラ

  • 眼瞼下垂

    「眼瞼下垂(がんけんかすい)手術」は、眼瞼挙筋(がんけんきょきん:上まぶたを持ち上げる筋肉)に付随している腱を瞼板(けんばん:まぶたの縁の板)に固定して、目の開きを改善させる治療法です。手術では、視界が明るくなるだけでなく、額のしわや上まぶたのくぼみの改善、頭痛・肩こりなどの解消も期待できるので、近年注目されている治療です。

    詳しくはコチラ

  • 目頭切開

    「目頭切開」は、目頭を隠す”蒙古(もうこ)ヒダ”を切開して、左右の目頭の距離を短くし、バランスの良い目元にする治療法です。目を大きく見せることができるので、目元の印象がガラリと変わると話題の治療です。当院では、患者様に合ったバランスの良い目元を作るため、院長オリジナルの切開方法にて「目頭切開術」を行います。

    詳しくはコチラ