こんなお悩みはありませんか?

  • 目が小さく見える
  • 幼く見える顔立ち
  • 目が離れて見える
  • 鼻が低く見える
  • 目元の印象を変えてみたい
  • 埋没法をしたが、綺麗な平行型の二重ラインができない

目頭切開とは?

「目頭切開」は、日本人を含む東洋人に多い、目頭を隠している皮膚のヒダ「蒙古(もうこ)ヒダ」を内側に移動することで、目頭を鼻側に広げ、バランスの良い目元を作る治療法です。

大きくパッチリとした目元や大人びた印象を作ります。

また、一緒に「二重まぶた治療(埋没法・切開法)」が行われることも多いです。

目頭切開の特徴

  • 目を大きく見せる
  • 目元のバランスを変え、大人っぽい印象に変える
  • 傷跡を隠し、目立たなくさせるオリジナルな切開術

大きくぱっちりした目元に

目頭を隠す蒙古(もうこ)ヒダは、目が小さく見える上、目と目が離れて見える原因となります。

「目頭切開」を行うことで、目頭が鼻側に広がるため、目を大きく見せることができます。

バランスの良い目元で、大人っぽい印象へ

目と目が離れていると、幼さの残る子供っぽい顔立ちに見られやすくなります。

「目頭切開」では、元の目の大きさや鼻・顔の大きさなども考慮して施術するため、バランスの良い目元となり、幼い印象から大人っぽい印象の目元へ変わります。

傷跡を隠し、目立たなくさせるオリジナルな切開術

当院では傷あとを二重のラインに隠すように目立たなくさせる、オリジナルな方法で手術をしています。

目頭切開治療の流れ

STEP1診察・カウンセリング

美容クリニック院長診察診察およびカウンセリングは、院長が十分時間をかけて行いますので、お気軽にご希望をお聞かせください。
「どんな傷跡がどこにつくのか?」など手術内容について詳しく説明します。
そのほか、施術の流れ、治療リスク、注意点についても丁寧に説明させていただきます。
ご納得いただいた上で施術を行いますので、安心してカウンセリングにご来院ください。

STEP2シミュレーション

目自体の大きさ・お顔の形・鼻とのバランスなどを見ながら、「目頭の距離をどの程度縮めれば、理想の目元になるのか」について、じっくりと話し合いましょう。

STEP3麻酔

注射による局所麻酔を行います。※まぶたの表側のみ
麻酔注射では非常に細い針(34G)を使用するので、痛みは心配するほど強くはありません。
特に痛みに弱いという方は、リラックス麻酔(静脈麻酔)での施術も可能ですので、事前に医師・スタッフにご相談ください。

STEP4施術

目頭を切開します。
当院の「目頭切開」は、院長オリジナルの術式で二重のラインで傷跡を隠し、目立たない施術を行っています。
「目頭切開」にかかる時間は、約20分となります。
ほとんど腫れません。

STEP5クーリング

問題がなければ、少しまぶたを冷やし、皮膚へのダメージ(腫れ)を落ち着かせた後、お帰りいただけます。

STEP6アフターケア

術後1週間:抜糸のため、ご来院が必要です。

ご注意

  • もともと蒙古ヒダがあまり発達していない方は、効果が実感できない場合もございます。
  • 患者様の目の状態など詳しく診察およびカウンセリングをさせていただいた際、別の方法のご提案をさせていただくこともございます。

術後について

  • 施術当日は、メイク・洗顔・入浴・アルコールを控えるようにしてください。
  • 麻酔を使用するので、自動車やバイクなどの運転によるご来院はお控えください。

目頭切開Q&A

「目頭切開」の手術で痛みはありますか?
局所麻酔を行うため、手術中の痛みはありません。
注射の針には、極細針を使用しておりますので、注射自体の痛みについても心配いりません。
また、痛み止め・腫れ止めの薬を処方します。
施術による副作用はありますか?
当院の「目頭切開」の場合、術後の腫れはほとんど目立ちません。
気になる場合は、翌日以降メイクで隠していただくことも可能です。
「目頭切開」施術当日に注意することはありますか?
麻酔を行うので、自動車やバイクなどの運転はお控えいただき、公共交通機関(電車・バス・タクシーなど)でお越しください。
なお、腫れを強めることになりますので、施術当日は飲酒や入浴・洗顔もお控えください。
「目頭切開」施術当日に注意することはありますか?
麻酔を行うので、自動車やバイクなどの運転はお控えいただき、公共交通機関(電車・バス・タクシーなど)でお越しください。
なお、腫れを強めることになりますので、施術当日は飲酒や入浴・洗顔もお控えください。
「目頭切開」の修正手術は行っていますか?
きつい目元になってしまった場合、逆に蒙古ひだを作る修正手術も行っています。
また、他院で行われた「目頭切開」の修正手術も承っています。※別途、追加費用あり
気になる点がございましたら、お気軽にご相談ください。

院長高野邦雄からのひとこと

日本人は蒙古ヒダと呼ばれる、目頭の皮膚被りが強い傾向があるので、蒙古ヒダを切開するだけで目元の印象が大きく変わります。

当院では、特に①目元をバランス良くする②傷跡を目立たなくする手術にこだわり、仕上がりに自信をもって施術しています。

目そのものの大きさや左右間のバランス・鼻・顔の形など、一人一人違います。

「目頭切開」は、たった0.5mmくらい左右差があるだけでも、結構な違いに見えてしまいます。

だからこそ、満足度の高い理想的な目元を作るためには、診察および十分なカウンセリングとシミュレーションを受けて、繊細な技術力を持つ経験豊富な医師による施術を受けることが大切です。

お気軽にご相談ください。