こんなお悩みはありませんか?

  • 鼻が丸い、大きい、鼻先が太い
  • 小鼻が広がっている、ふくらんでいる
  • 鼻が短く、バランスが悪い
  • 鼻の穴が見えてしまう

鼻尖(びせん)形成とは?

鼻先(鼻尖)の形を整える治療です。

丸い、大きい、太い鼻先がお顔の中心にあると、シャープさに欠ける印象をもたらしがちです。

鼻尖は皮下脂肪と軟骨で形成されていますので、これらをバランスよく除去することで、すっきりとした鼻に生まれ変わらせることができます。

鼻の穴の形も、横広がりから縦長に変えることができます。

鼻尖形成症例写真

鼻尖形成症例写真 隆鼻(プロテーゼ)+鼻尖軟骨形成術

団子鼻がシャープな形態になっています。
この方はオープン法といって、鼻柱基部を切開しています。
術後間がないので傷跡が少し目立ちます。
鼻尖形成とプロテーゼの手術は約61万円(税抜き)です。
麻酔代、薬代が別途かかります。

鼻尖形成症例写真2

鼻先がシャープになっています。鼻孔の形態も変化しています。
この方もオープン法で手術後間がないので、鼻柱基部の傷跡が少し目立ちます。
鼻尖形成手術はオープン法で35万円です。
麻酔代、薬代が別途かかります。

鼻翼縮小とは?

小鼻の形を整える治療です。

鼻翼、つまり小鼻が広がっていたり、ふくらんでいたりすると、お顔全体における鼻の存在感が大きく、バランスが悪く見えます。

術式は鼻の形態によって決定します。

広がりやふくらみのあった小鼻を整えると、ぐっと洗練されたお顔立ちになることができます。

鼻翼縮小症例写真

鼻翼縮小症例写真

小鼻のふくらみを取りますが、小鼻と、頬の境目に傷跡が残ります。

鼻中隔(びちゅうかく)延長とは?

短い鼻を長くする治療です。

鼻が短いため、鼻の穴が見えてしまう、または鼻中隔(鼻先)の高さが小鼻と比べてアンバランスといったケースがあります。

耳から採取した軟骨を鼻中隔の左右から挟みこむようにして付け足すことで、鼻先は前方下方に延長され、長くてシャープな形態になります。

耳介軟骨移植とは?

鼻の穴を見えづらくしたり、鼻先を尖らせたりする治療です。

正面から鼻の穴が見えてしまう方にお勧めです。

耳から採取した軟骨を、鼻孔縁(鼻の穴の縁)に移植することにより、鼻孔縁の高さを下げます。これにより、正面から鼻の穴が見えにくくなります。

さらに鼻先を尖らせたい場合は、採取した軟骨をピラミッド状に重ねたものを作って移植して、その効果を出します。

耳介軟骨移植症例写真

耳介軟骨移植症例写真(鼻の穴)

傷跡は鼻の中にできるので外からは見えません。

耳介軟骨移植症例写真(鼻を尖らせる)

傷跡は鼻の中にできるので外からは見えません。

鼻尖形成・鼻翼縮小治療の流れ

STEP1施術の説明・カウンセリング

美容クリニック院長診察経験豊富な院長が、充分に時間をかけてカウンセリングを行います。
一緒に施術内容や注意点についても、丁寧に説明させていただきます。

STEP2シミュレーション

鏡を見ながら、実際の鼻のイメージを決めます。

STEP3施術

カウンセリングの際にお話させていただいた方法で、シミュレーションに沿って手術を行います。
静脈麻酔で眠っている間に施術を行います。

STEP4アフター

鼻が固定され、腫れが引くまで経過を診ます。

ご注意

  • カウンセリング・診断の結果、別のご提案をさせていただく場合もございます。

術後について

  • 施術による効果・仕上がり・ダウンタイムの有無には、個人差がございます。
  • 施術当日は麻酔の効果が残る場合があるので、自動車などの運転はお控えいただき、公共交通機関をご利用ください。
  • 入浴など血流を促進する行為は、腫れを誘発して治りが遅くなる場合がありますので、当面は速やかに済まされると良いでしょう。

院長高野邦雄からのひとこと

鼻は顔の中心だけに、顔全体の印象を大きく左右する重要パーツです。

当院では、患者様との十分な「術前カウンセリング」にて、患者様のもともとの鼻に合った治療を選択し、美容医療歴25年の「経験豊富な医師の技術」でお顔立ちに合った患者様の理想とする鼻に仕上げます。

鼻の形にコンプレックスをお持ちの方、お気軽にご相談ください。