こんなお悩みはありませんか?

  • 二の腕、お腹、お尻、太腿などの皮下脂肪が気になる
  • リバウンドリスクが少ない痩身がしたい
  • セルライト(脂肪の凸凹)が気になる
  • できるだけ、ダウンタイムは避けたい
  • 脂肪吸引をしたいが、痛みが心配

脂肪吸引とは?

当院の脂肪吸引は、ジェット水流で脂肪を粉砕して吸引する「ボディジェット」にて施術しています。

皮膚を5ミリ程切開し、気になる部分の皮下脂肪内にカニューレを挿入します。

ボディジェットでは、水流と一緒に麻酔薬・止血薬も噴射するので、直接組織に鎮静効果が浸透し、施術中の痛みはほとんどありません。

また、水の力で脂肪細胞(セルライト)を破砕しながら吸引除去するので、血管や神経などを傷つけず、術後の痛みや腫れ・内出血を最小限に抑えることができます。

ボディジェット施術イメージ1

麻酔薬と止血剤入りのジェット水流で脂肪細胞を粉砕していきます。

アロー ボディジェット施術イメージ2

カニューレ(挿入管)は、ジェット水流で血管と脂肪を分解させ、脂肪だけを吸引する仕組みになっています。

アロー ボディジェット施術イメージ3

ジェット水流が脂肪細胞を分離させます。

アロー ボディジェット施術イメージ4

脂肪細胞は、水とともにカニューレに吸引されます。

アロー ボディジェット施術イメージ5

血管や神経など周辺組織にダメージを与える事なく、脂肪組織だけがきれいに除去されます。

脂肪吸引”ボディジェット”の特徴

  • ジェット水流で「体に優しい脂肪吸引」
  • 痛み、腫れ、内出血を最小限に抑え、ダウンタイムが大幅に短縮
  • 皮膚の凸凹(でこぼこ)が起こりにくく、なめらかな仕上がり
  • 脂肪吸引症例5,000件以上の院長による施術

ジェット水流で「体に優しい脂肪吸引」

「ボディジェット」は、従来の脂肪吸引でデメリットとされていた痛み・腫れ・ダウンタイム・仕上がりを”水の力”で克服した次世代型の「体に優しい脂肪吸引」です。

また、吸引する脂肪細胞の多くは、破裂した状態ではなく、完全な細胞の形で吸引除去するため、体内に脂肪が残りにくく、リバウンドリスクのない「サイズダウン」が実現できます。

ボディジェット脂肪吸引適応部位脂肪吸引適応部位

痛み、腫れ、内出血を最小限に抑え、ダウンタイムが大幅に短縮

「ボディジェット」では、ジェット水流で脂肪を柔らかく破砕しながら、脂肪細胞(セルライト)だけを吸引するので、血管・神経など周辺組織へのダメージを最低限に抑えることが可能です。

また、麻酔薬と止血剤を含んだジェット水流によって、周辺組織に直接麻酔をしながら、脂肪を破砕・吸引するので、吸引時の出血が少なく、痛みや腫れも軽減されます。

さらに、当院では皮膚を守るプロテクターを用いて施術するので、カニューレ挿入時の傷跡はほとんど目立ちません。 従来の脂肪吸引に比べ、ダウンタイムが大幅に短縮し、激しい作業を伴わなければ、翌日から仕事復帰も可能です(個人差あり)。

皮膚を守るプロテクター皮膚を守るプロテクター

皮膚の凸凹(でこぼこ)が起こりにくく、なめらかな仕上がり

「ボディジェット」による脂肪吸引は、ジェット水流によって脂肪層から脂肪細胞を分離させた上で破砕・吸引します。

より均一に純粋な脂肪細胞だけを除去できるので、脂肪組織の不均衡による皮膚の凸凹(でこぼこ)が起こらず、なめらかで美しい仕上がりが実現できます。

脂肪吸引症例5,000件以上の院長による施術

ボディジェットの施術を担当する院長は、形成外科および美容外科専門医であり、美容医療歴25年、脂肪吸引症例5,000件以上の実績を持っていますので、安心して施術をお受けいただけます。

ただ単に「脂肪は全部吸引する」のではなく、カウンセリングでご要望を伺った上で、患者様の全身のバランス・脂肪のつき具合などを見て、お一人お一人に合ったボディラインを作り上げていきます。

膝上を吸引する院長膝上を吸引する院長

脂肪吸引症例写真

ボディジェット症例写真

腹部の脂肪吸引の写真です。
上下腹部、側腹部の脂肪吸引をしています。皮下脂肪の減量が見られます。
写真は術後3か月のものです。
手術は基本的に静脈麻酔を使用し、手術中は意識がありません。
術後は腫れ、痛みなどが出ます。痛みは薬で対応可能です。
吸引には小さな切開で皮膚に穴をあけますので、術後小さな傷跡が残ります。
手術した部位は術後硬結といって少し触った感じが硬くなります。これは徐々に柔らかくなっていきます。
料金は上下腹部、側腹部の脂肪吸引で540,000円、麻酔代金60,000円から90,000円、術後の薬代約10,000円、いずれも税抜き価格です。

治療の流れ

STEP1施術の説明・カウンセリング

美容クリニック院長診察まずは女性カウンセラーが患者様のご希望を伺います。
その後、院長がボディジェットの施術自体について、ご説明させていただきます。
  • どの部位から、どれだけ吸引するのが適切なのか?
  • どのくらい吸引できるのか?
  • どのくらい細くなるのか?
患者様の理想のボディラインを作るために、施術内容や注意点についても丁寧に説明させていただきます。
※原則として、カウンセリングと施術は別日ですが、場合によっては同日も可能ですので、医師・スタッフにご相談ください。

STEP2「ボディジェット」施術準備①マーキング

施術範囲を確認するため、身体に吸引部位をマーキングします。

STEP3「ボディジェット」施術準備②麻酔

「ボディジェット」による脂肪吸引は、痛みが少ないので、局部麻酔のみで十分施術可能です。
ただし、吸引範囲が広い場合やご希望があれば、静脈麻酔(全身麻酔)にて眠っている間に施術することも可能です。医師・スタッフにお問い合わせください。

STEP4「ボディジェット」施術

脂肪が気になる部分の皮膚を5~6mmほど切開し、カニューレと呼ばれる細い管を挿入して、麻酔薬・止血剤入りのジェット水流を脂肪組織の中に入れていきます。
この水流で、脂肪組織を砕いていきます。
充分麻酔が効いた後、吸引を開始します
吸引の際には、皮膚を守る「プロテクター」を使用しますので、傷痕はほとんど目立たなくなります。
皮膚を守るプロテクター皮膚を守るプロテクターにより、傷痕がほとんど目立たなくなります。使用しないと黒味がかった痕が、いつまでも残りやすくなります。

STEP5終了

麻酔から充分に覚めるのを待ってから、帰宅していただきます。
施術直後は痛み・腫れ・内出血が残ることもありますが、3日~1週間前後で消えていきます。
施術当日は、念のため痛み止めを処方し、包帯を巻いて帰宅となります。
当日の入浴はNGです。

STEP6施術翌日~

状態確認のため、施術翌日にご来院が必要です。
特に問題がなければ、包帯を外すことができますので、シャワーはOKとなります。
さらに1週間後に抜糸となり、その後は必要に応じた経過観察となります。

ご注意

  • カウンセリング・診断の結果、別のご提案をさせていただく場合もございます。
  • 妊娠中の方は、「ボディジェット」の施術を受けていただけない場合がございます。 また、60歳以上の高齢者の方についても、あまりおすすめできません。 詳細につきましては、医師やスタッフまでにご相談ください。

術後について

  • 「ボディジェット」施術による効果・仕上がり・ダウンタイムの有無には、個人差がございます。
  • 施術当日は、入浴・シャワーはお控えください。
  • 施術後、お帰りの際は麻酔の効果が残る場合もあるので、自動車などの運転はお控えいただき、公共交通機関をご利用ください。
  • 飲酒や激しいスポーツは、約2週間程度お控えいただいた方がよいでしょう。

ボディジェットQ&A

「ボディジェット」は、本当に痛くないのですか?副作用はありますか?
痛みの感じ方には個人差がありますが、従来の脂肪吸引で痛み・腫れ・内出血などが起こっていた主な要因は、吸引時に血管を傷つけてしまうことでした。
出血すると、痛みを誘発する物質が出てしまいます。

しかし、ボディジェットは水の力を利用することで、血管など周辺組織へのダメージは最小限に抑えることができ、脂肪だけを吸引除去できるため、痛み・腫れ・内出血がほとんどありません。

また、ジェット水流に麻酔および止血剤が含まれていることで、麻酔および止血の効果が直接組織に浸透するため、施術中の痛みについても、特に心配ありません。
(※施術範囲が広い場合、ご希望によって、静脈麻酔で眠っている間に施術することも可能です)

なお、人により一時的に施術部位の皮膚が硬くなることがありますが、約1カ月~1カ月半くらいで元の柔らかさに戻っていきますので、心配ありません。

痛みや腫れ・内出血が出た場合も、1週間前後で落ち着きます。
念のため、施術後は痛み止めを処方しますので、ご安心ください。
ボディジェット 他の脂肪吸引
施術中 麻酔 局所麻酔(*) 場合によっては、全身麻酔
痛み ほとんどない 強い
出血 ほとんどない 多い(個人差あり)
施術時間 1時間程度 数時間
術後 内出血 ほとんどない 広範囲・長い(個人差あり)
痛み・腫れ ほとんどない 多い(個人差あり)
生活制限 ほとんどない 多い
(*)眠ってしまった方が良いという方には、全身麻酔を行います。
「ボディジェット」は、どこからカニューレを入れて吸引するのですか?時間はどのくらいですか?
施術時間は吸引部位や吸引量によって異なりますが、一般的な目安としては次の通りです。
  1. あご下
    • カニューレ挿入(切開)部位 : 耳たぶの下
    • 施術時間目安 : 約30分~1時間
  2. 二の腕
    • カニューレ挿入(切開)部位:上腕後面
    • 施術時間目安:約1時間
  3. ウェスト・ヒップ
    • カニューレ挿入(切開)部位:ウエスト……そけい部付近、ヒップ……臀部(おしり)の後面
    • 施術時間目安:約1時間~1時間半
  4. 太もも・ふくらはぎ
    • カニューレ挿入(切開)部位:太もも……そけい部付近・膝上内側、ふくらはぎ……膝上内側、足首
    • 施術時間目安:約2時間~3時間
「ボディジェット」施術の前日に準備することはありますか?術後に気を付けることはありますか?
【施術前日】
特に大きな生活制限はないので、食事やお酒も通常通りとっていただいて構いません。
ゆっくり体を休めるとよいでしょう。
あまりに体調を崩している場合には、施術できないケースがありますので、ご連絡ください。
【施術後】
当日のみ入浴やシャワーをお控えください。翌日の診察で特に問題がなければ、包帯を外すのでシャワーがOKとなります。
また、なめらかな仕上がりにするために、3日程度サポーターを着けて手術部位を圧迫することが大切です。
「ボディジェット」の施術をできない部分は、ありますか?
手の指、甲、足の甲、肘から下の部分などは、施術できません。
一気に痩せると人に気づかれそうなので、何回かに分けて施術することは可能ですか?
基本的には、一度で吸引することをおすすめします。
一度、脂肪吸引手術をすると脂肪の中にも傷ができます。
体内に傷のある脂肪があると、手術のやりやすさが全然違います。
仕上がりにも影響する場合がありますので、同じ部位を何度も手術するのは、賢明ではないでしょう。

院長高野邦雄からのひとこと

「ボディジェット」は、これまでの脂肪吸引でデメリットとなっていた痛み・腫れ・内出血を格段に抑えた、体に優しい脂肪吸引です。

中には「脂肪吸引は危険を伴う手術」と心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、経験豊富な医師が丁寧に施術すれば、危険な手術ではありません。

当院では高野式ボディジェットとして、「施術後の優先受診」「痛みの軽減」「仕上がりへの責任」にこだわって、施術を行っています。

また、「ただ脂肪を吸い出す」のではなく、吸うところはしっかり吸う、残すところはある程度残すことで、患者様に合った理想的なボディラインを作り上げていきます。