こんなお悩みはありませんか?

  • 乳頭が大きい(長い)
  • 左右の乳頭の大きさが違う、形がいびつ
  • 乳頭が陥没して授乳に支障がある

乳頭縮小・陥没乳頭治療とは?

「乳頭縮小治療(乳頭縮小術)」は、生まれつき乳頭が大きい、または、授乳などで肥大してしまった乳頭を小さくする手術で、乳頭の皮膚部分を切除して乳頭を小さくし、形やバランスを整えます。

「陥没乳頭治療(陥没乳頭形成術)」は、乳房の中に埋まってしまっている乳頭を外に出す手術で、埋もれている乳頭を引き出した後、再び陥没しないように固定する治療です。

※ただし、手術が必要なのは、刺激を与えても突出しない真性(重度)の陥没乳頭の場合で、刺激により乳頭が出てくる仮性(軽度)の陥没乳頭は、手術の必要性は低くなります。

乳頭縮小・陥没乳頭治療の特徴

  • 理想の大きさと形に近づける
  • 乳腺炎の予防になる
  • 手術の傷跡が目立たない

理想の大きさと形に近づける

患者様の希望に合うように乳頭の形をデザインできるので、理想の大きさや形に近づけることが可能です。

乳腺炎の予防になる

日本人に比較的多い「陥没乳頭」は、美容上の問題だけでなく、授乳ができない、雑菌が繁殖して乳腺炎になりやすいなど、機能や衛生面の問題もあるため、早めに治療することをおすすめします。

当院で行う手術は、乳管を切らずに温存できるため、将来、授乳を行う可能性がある方も安心して受けていただくことが可能です。

手術の傷跡が目立たない

乳頭の手術は、個人差もありますが、他の部分に比べ、傷跡が目立ちにくいのがメリットです。

術後は乳頭と乳輪に少し傷が残りますが、時間の経過とともに周囲の皮膚と同化して徐々に目立たなくなります。

乳頭縮小・陥没乳頭治療の流れ

STEP1診察・カウンセリング

美容クリニック院長診察医師が乳頭の状態を確認し、患者様のお悩みやご希望をじっくり伺った後、治療法のご提案をさせていただきます。
手術の手順からアフターケアなども詳しく説明いたしますので、安心してご来院ください。
手術の合意をいただいた後、手術日を決定し、健康状態や感染症の有無を調べるための血液検査を行います。

STEP2手術

痛みの軽減のため、局部麻酔を行った後、患者様の症状に合わせて以下のような手術を行います。
①乳頭縮小手術
乳管を傷つけないよう、十分注意しながら、乳頭の皮膚のみを切除し、ご希望の形に整えて縫合します。切開する範囲や位置は、患者さんの乳頭の状態によって異なります。
②陥没乳頭手術
陥没している乳首を引っ張り出した後、傷が目立たない部分から切開し、陥没の原因となっている組織を切り離し、再び埋もれてしまわないように縫合します。
どちらの手術も所要時間は左右で30~40分程度です。
術後、しばらく休憩した後、帰宅していただきます。

STEP3アフターケア

腫れや炎症が起きていないか、定期的に経過観察を行います。

ご注意

  • 傷が落ち着くまで、術後しばらくは激しい運動は控えましょう。
  • 抜糸や経過観察の診察は忘れずに受けましょう。
  • 締め付けのきつい下着などで傷跡がこすれないように気を付けましょう。

術後について

  • 術後は患部を保護する為、ガーゼとテープによる固定を行います。
  • 傷跡を濡らさなければ、翌日からシャワーや洗髪が可能です。

乳頭縮小・陥没乳頭Q&A

施術時の痛みはありますか?
術前に、局所麻酔を行い、効果を確認してから手術を開始するため、手術中に痛みを感じることはありません。
また、術後数日間、鈍い痛みが出ることがありますが、消炎鎮痛剤の内服で、痛みを抑えることが可能です。
※特に痛みに弱いという方は事前にご相談ください。
術後のダウンタイムはどれくらいありますか?
術後の経過には個人差がありますが、腫れや赤み、むくみなどが長く続くことはほとんどありませんので、ご安心ください。
術後の経過につきましては、詳しくはカウンセリング時にも丁寧にご説明いたします。

院長高野邦雄からのひとこと

女性にとってバストの悩みはとてもデリケートで、受診をためらってしまうものですが、勇気を出して治療を行うことで、改善することが可能です。

傷跡が目立たないように美しく仕上げることはもちろんですが、乳管は一度切断されてしまうと元には戻らず、授乳ができなくなってしまうため、手術は確かな技術と専門知識を持つ医師が執刀する必要があります。

当院では、治療実績が豊富な医師が十分時間をかけてカウンセリングを行い、最適な治療を提案させていただきます。お一人で悩まず、ぜひ当院にご相談ください。