まぶたのたるみ取り、眼瞼下垂

上まぶたのたるみ取りは、まぶたの皮膚が垂れ下がってきて、二重の幅が狭くなる、二重が隠れてしまう状態を改善する方法です。

眼瞼下垂とは、まぶたを十分に開けられない状態で、眉毛を持ち上げて視野を確保しようとしますので、おでこにしわが寄り、まぶたにくぼみを生じたりします。手術はまぶたを充分に開けられるようにする方法です。

瞼のたるみ取り治療ポイント

上まぶたのたるみ取り

  • まぶたが被ってきたなと感じる方
  • 二重の幅を以前のように戻したい方
  • 眉毛を持ち上げて目を開ける癖のある方

目元は加齢変化がとても現れやすい場所です。
「数年前まではぱっちりイキイキとした二重まぶただったのに、いつの頃からか上まぶたがたるみ、二重のラインにかぶさってきた、その結果として重々しいまぶたの小さな目になってしまった…」ハッとされた方も多いのではないでしょうか。重いまぶたのせいで視野が狭められ、懸命に眉を持ち上げる癖がつくと、額のシワの増加にもつながります。こうした上まぶたのたるみを取る方法として、重瞼ライン切開眉毛下切開たるみ取り埋没法があります。

  • 重瞼ライン切開

    生来の二重ラインに沿って切開し、余剰皮膚や脂肪を取り除きます。この治療法をおすすめするのは、脂肪による重みというより、たるみ自体と皮膚の厚さが原因となっているケースです。腫れは1週間程度です。
  • 眉毛下切開

    眉毛の下のラインに沿って切開します。少し広範な皮膚を切除する場合、皮膚が非常に厚い場合などは、この方法がよいでしょう。また、一重の方にもこの術式が向いていますが、これで二重まぶたが形成されることはありません。眉毛下の傷跡は少し赤くなりつつもメイクでカバーできる程度ですし、やがて分からない程度になります。
  • 埋没法

    たるみが軽度の場合は埋没法でも対処できます。

いずれの治療が患者様の上まぶたの状態に最も適しているのか、術式や治療後の経過を含めて、ご説明致します。
下まぶたのたるみ取り→こちらをご覧下さい

眼瞼下垂手術

  • 目の開きが重いと感じたり、目をあける時、眉毛もあがってしまう方
  • 眉毛を持ち上げるために額にしわが寄ってしまう方
  • 上まぶたにくぼみが生じている方
  • いつも眠そうな目に見られる方
  • 二重の幅が広くなる、あるいは左右差がある方
  • 額にしわがあって肩こりや頭痛がある方
  • 先天性の眼瞼下垂症についても筋膜移植の手術を行っています。

    眼瞼下垂(がんけんかすい)とは

  • 眼瞼下垂とは、眼瞼挙筋(がんけんきょきん)というまぶたを持ち上げる筋肉が、瞼板という本来あるべき場所から離れてしまい、その働きがまぶたに伝わりづらくなった状態のことを言います。眼瞼下垂には先天性のものと後天性のものがありますが、機能的に見て正常な状態とは言えないため、できれば手術による改善を試みたほうがよいでしょう。
  • まぶたの開きが悪いと、眉を持ち上げて視野を確保しようという動きが無意識に起こります。これにより額のシワ、上まぶたのくぼみが生じ、眉を持ち上げるために働く前頭筋に緊張を与えることから、肩こりや頭痛を訴える方も多くいらっしゃいます。
  • 眼瞼下垂手術は、まぶたを持ち上げる筋肉(眼瞼挙筋)を、本来あるべき場所(瞼板)に縫い付け、固定し、筋肉が本来持つ働きをまぶたに伝え、目の開きを取り戻そうとするものです。目の開きが改善すれば、視野を確保しようとするたびに持ち上げていた眉の位置が下がり、これにつれて額のシワも減り、上まぶたのくぼみも薄らいできます。目の開きが完全でないことで眠たげだった印象も一変、はつらつとした表情を手に入れることができます。

ページトップへ

まぶたたるみ取り、眼瞼下垂症例

上まぶたのたるみ取り(重瞼ライン切開)

 二重ラインに沿って切開する術式です

上まぶたたるみ取り症例画像

上まぶたたるみ取り症例画像

上まぶたのたるみ取り(眉下切開)

 眉下ラインに沿って切開する術式です

上まぶたたるみ取り症例画像

上まぶたたるみ取り症例画像

上まぶたたるみ取り症例画像

眼瞼下垂(がんけんかすい)

眼瞼下垂症例画像

眼瞼下垂症例画像

眼瞼下垂症例画像

眼瞼下垂症例画像

眼瞼下垂症例画像

眼瞼下垂症例画像

眼瞼下垂症例画像

眼瞼下垂症例画像

眼瞼下垂症例画像

眼瞼下垂症例画像

眼瞼下垂症例画像

眼瞼下垂症例画像

眼瞼下垂症例画像

眼瞼下垂症例画像

眼瞼下垂症例画像

眼瞼下垂症例画像

眼瞼下垂症例画像

ページトップへ

まぶたたるみ取り、眼瞼下垂施術の流れ

カウンセリング
施術方法は、経験豊富な医師により充分なカウンセリングを行います。
シミュレーション
ご希望の施術方法をシミュレーションします。
手術の予定を立てます。後日、手術(局所麻酔)を行います。
施術
手術でたるみを改善します。
After
入院の必要はありません。
約1週間後の抜糸になります。

ページトップへ

まぶたのたるみ取り、眼瞼下垂のQ&A

患者様より実際あった不安や疑問をそのままQにして、簡潔にお答えしております。

痛み、腫れはどうですか?
麻酔をした後は痛くありません。腫れは1週間程かかります。
日常生活はできますか?
洗顔、入浴、化粧等、翌日からできます。
10日前に皺対策で額眉間のボトックスを行いました。額を上げながら目を開くクセがあったのでラインが引きにくくなり目の疲れ肩こり頭痛がおきています。
目の大きさは変わらないのですが物を見る時たまに顔を上げて目つきも鋭くなりました。瞼の脂肪が原因なのか眼瞼下垂が原因でしょうか?
ボトックスの注射により眉毛を上げにくくなったことが原因かと思います。眉毛を上げて目を開くということは眼瞼下垂の可能性があります。脂肪は関係ありません。
夕方近くなると瞼がしょぼしょぼして重く感じます。仕事が目を酷使するものに3年前にかわってから急に悪くなった気がします。
瞼が下がってきて目が細くなった気がします。それに最近肩こりが半端ではありません。
手術は怖いです。腫れたりしても会社もそんなに休めませんし顔が変わったらと心配もあります。
簡単な手術でも改善しますか?
手術に簡単なものはありません。手術はそれほど腫れるものではありません。

料金一覧

お問合せ・ご予約お問合せ・ご予約

メール無料相談  カウンセリング予約

ページトップへ