ウルトラアクセント

ウルトラアクセントVとは

ウルトラアクセントとは、世界で初めて特殊な超音波による組織を傷つけることなく脂肪細胞だけを破壊して部分痩せを行う医療機関専用の痩身治療機器です。
メスも使わないので痛みもなく、フェイスライン、ボディラインを整える画期的な治療です。

ウルトラアクセントVはウルトラアクセントに高周波(RF)の加熱深度を変えるフェーズシフト機能と超音波の強度調整機能を搭載した効果的な最新美容治療機器です。
顔専用のハンドビースを導入し、これまで以上の引き締め効果や二重あごの改善などより高い効果を実現しました。

たるみ改善ウルトラアクセント

特徴

  • メスを使用しないので痛みがない
  • ダウンタイムがない
  • 高い安全性
  • 高い満足度
  • リバウンドの心配がない
  • フェイス、ボディのどちらの部位も施術可能

フェイス用ウルトラアクセントVはココが違う!

  1. 超音波ハンドピースが小型化、小回りが効くのでフェイスラインや頬など部位にお悩みに合わせて集中的な施術が可能。
  2. 骨を共振させにくい周波数に設定しているため、施術中の不快感を大きく軽減できる。
  3. 回転リング付きの高周波ハンドピースで、皮膚の引き締めを行うと同時に皮膚を滑らかにほぐすことでスッキリ感効果アップ。

ページトップへ

ウルトラアクセントハンドピースの紹介

~痛みやダウンタイムを抑えた2つのテクノロジー~

◎超音波ハンドピース

超音波ハンドピース

■安全と効果を両立する特殊な超音波
  • 肌表面にダメージを与えず、狙った組織に働きかけることが可能な超音波。気になる部分をすっきりとボリュームダウン効果があります。

■超音波の強度調整機能

  • 超音波の強さが調節できるため、今までよりも強力に狙った部位に働きかける効果があります。
ハンドピースの種類 特徴 作用深度 対応部位
ウルトラフェイス
ウルトラフェイス
痛みなく肌を傷つけずにスッキリとしたフェイスラインを実現します。せん断波は骨を共振させにくい周波数に設定しているため、顔面に照射した際の不快感を大きく軽減しています。 フェイス
  • あご下 等
ウルトラボディ
ウルトラフェイス
せん断波の強度を調整できるため、深い層の皮下脂肪にまで働きかけるため、痛みなく部分的なサイズダウンを効果実現します。 ボディ
  • 二の腕
  • 腹部
  • ヒップ
  • 太もも 等

◎高周波(RF)ハンドピース

高周波(RF)ハンドピース

■Alma waveテクノロジー
  • 特許を取得した独自のRFテクノロジー
  • 40.68MHzという非常に高い周波数のRFが皮膚深部を加熱。
  • 特許を取得した独自のRFテクノロジー
  • 痛みやダウンタイムを抑えた独自のテクノロジーが肌の内側から働きかけることが可能。
    Alma waveの照射と同時に肌表面の冷却が可能なため、安全性の高いトリートメントを実現します。
  • Alma waveテクノロジーにより、3段階の深度調節(フェーズシフト機能)が可能です。
    トリートメント部位に合わせて狙った深さで熱を発生させることができます。
ハンドピースの種類 特徴 作用深度 対応部位
ユニフェイス
ユニフェイス
電極周囲に回転リングがついたフェイス用ハンドピース。
RFを照射することで、肌内部で皮膚の引き締めを行うと同時に、リングの回転によって、皮膚を滑らかにほぐし、バランスの整った美しいフェイスラインへと導きます。
中~深 フェイス
  • あご下
  • 首   等
ユニボディ
ユニボディ
電極周囲に回転リングがついたボディ用ハンドピース。
部位に合わせて、2種類の回転リングを付け替えることが可能。
リングの回転によって、硬くなったデコボコの肌を滑らかにする効果があります。
中~深 ボディ
  • 二の腕
  • 背中
  • 腹部
  • ウエスト
  • ヒップ
  • 太もも
  • ふくらはぎ 等
ハイポーラPro
ハイポーラPro
先端に2つの電極を持ち、電極間で熱を発生させます。
皮膚の表層に対する作用が大きく、皮膚の引き締め効果が期待できます。
温度計内臓されているため、施術中に温度を確認できるため、より安全で精度の高い治療が可能。
フェイス
ボディ
  • 二の腕
  • 背中
  • 腹部
  • ウエスト
  • ヒップ
  • 太もも
  • ふくらはぎ 等

ウルトラアクセントV症例写真

フェイス

ウルトラアクセント Vシェイプ症例

ウルトラアクセント Vシェイプ症例

ボディ

ウルトラアクセント Vシェイプ症例

ウルトラアクセント Vシェイプ症例

ウルトラアクセント Vシェイプ症例

ページトップへ

ウルトラアクセントVの施術の流れ

カウンセリング
施術方法、内容は院長自身が充分に時間をかけてカウンセリングを行います。
超音波による施術
専用のバームを塗布し、肌の上で照射ヘッドを動かしながら超音波を照射します。
高周波(RF)の照射
専用のオイルを塗布し、肌の上で照射ヘッドを動かしながらRFを照射します。
肌表面の温度を約42℃まで上げます。
温度を徐々に上げるため、熱さや痛みなどの不快感はほとんどありません。
終了
オイルを拭き取り終了です。
施術直後は赤みが残ることもありますが、数時間で治まります。
アフターケア
施術後は乾燥しやすいため、しっかりと保湿を行ってください。

ページトップへ

ウルトラアクセントVのQ&A

ウルトラアクセントやVシェイプは、痛みはありますか?
ウルトラアクセントやVシェイプは、痛みを感じることはほぼありません。温かく、気持ちの良い施術ですので安心して受けて頂けます。
ウルトラアクセントやVシェイプ施術後に腫れや痕が残ることはありますか?
ウルトラアクセントやVシェイプは、肌にダメージを与える施術ではありませんので、腫れたり痕が残るようなことはほとんどありません。
麻酔の必要もありませんので、施術後はそのままお帰り頂けます。
ウルトラアクセントやVシェイプ施術を受けられない人はいますか?
現在、疾病にかかっている方、ペースメーカーなど埋め込み式の電子機器を使用している方、体内にボルト等の金属が入っている方、妊娠中のかたは受けて頂きことはできません。

料金一覧

お問合せ・ご予約お問合せ・ご予約

メール無料相談  カウンセリング予約

ページトップへ