美容クリニックコラム

アトピー肌でもメイクはできる? 負担をかけないメイク方法とは?

アトピー肌でもメイクはできる? 負担をかけないメイク方法とは?

アトピー性皮膚炎の症状は全身のいたるところに出ますが、服では隠しきれない「顔」に症状が出ると気になりますよね。とくに女性の場合、顔にアトピーの症状が出ると人目につきやすくなるだけではなく、メイクができなくなるという悩みにもつながります。
しかし、社会に出ている大人の女性にとって、毎日のメイクは欠かせないもの。アトピーの症状が出ている場合、どのようにメイクをすればいいのでしょうか。
今回は、アトピーの症状が顔に出ているときのメイク方法をご紹介いたします。
美容クリニック

アトピーの症状が出ているときメイクをしても大丈夫?

「そもそもアトピーの症状が出ているときにメイクをしてもいいの?」と疑問を持つ方も多いと思いますが、症状の状態によって答えは変わります。
炎症がひどくなっている場合は、ファンデーションを塗るのを避けたほうが無難です。口紅やマスカラなどのポイントメイクをする程度に留めましょう。
一方、多少の赤みがある程度やアトピーの症状が軽い状態であればメイクをしてもOKです。その際は敏感肌用の肌にやさしいファンデーションを選ぶのがポイントです。リキッドタイプよりもパウダリータイプのほうが肌への負担が少ないため、さらりとしたパウダリータイプを選んでください。

アトピー肌に負担をかけづらいメイク方法

・ベースメイク前の保湿ケアを十分に行う
アトピー肌にメイクを施す前には丁寧な保湿ケアを行いましょう。肌が乾燥していると、アトピー症状の悪化や痒みなどが起こってしまうことが考えられます。
せっかく施したメイクを崩さないためにも、化粧水でたっぷりと保水ケアをし、乳液などで適度に油分を補いましょう。アトピー肌でも使える保湿クリームを塗っておくと、さらに保湿力がアップします。また、化粧品による刺激をカバーすることもできるため、メイク前の保湿ケアは必ず行いましょう。

・敏感肌でも使えるメイク下地を薄く伸ばす
伸びがよく刺激が少ないメイク下地もアトピーの方のマストアイテムです。
メイク下地はファンデーションのノリをよくしてメイク崩れを防ぐことはもちろん、ファンデーションによる刺激をカバーする役割も果たしてくれます。
中には日焼け止め効果を備えるアイテムもあるため、アトピーの大敵である紫外線をカットすることもできます。
顔の内側から外側に向かって薄く伸ばし、顔全体に均一に広がるように塗りましょう。

・パウダリーファンデーションを薄く塗る
肌トラブルをカバーするのに活躍してくれるファンデーションですが、アトピーを隠したいからといって厚く塗りすぎると肌への負担が大きくなり、症状が悪化したり痒みが生じたりすることもあります。
また、ファンデーションを厚く塗るとメイク崩れも起こりやすくなるため、なるべく薄く塗ることを心がけましょう。ニキビやクマなど、どうしても隠したい肌トラブルがあるという場合には、ファンデーションの前にコンシーラーを使うのがおすすめです。敏感肌でも使える刺激の弱いコンシーラーを指の腹でなじませましょう。

アトピー肌でもメイクはできる? 負担をかけないメイク方法とは?

アトピー肌にメイクをするときには、コスメの選び方やメイク前のスキンケアが重要になります。とはいえ、時には思いきったバッチリメイクをしたり、トレンドのコスメを使ったりしてみたいですよね。これを実現するためには、アトピーの改善を目指すことが大切です。アトピーの改善には生活習慣の改善などが重要だといわれていますが、美容クリニックで治療を受けることもできます。
とくに最近注目されているのが「臍帯血幹細胞培養液治療」です。再生因子エキスを肌に注入することで肌の生まれ変わりを促し、細胞の修復や改善を期待することができます。
アトピーの改善にも期待されている治療法なので、メイクができないとお悩みの女性にも最適です。ぜひ一度クリニックでのカウンセリングにお越しください。

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

CAPTCHA


  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2018年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別の投稿一覧