美容クリニックコラム

上まぶたのたるみをなかったことに!? 最強アイメイクテクニック

上まぶたのたるみをなかったことに!? 最強アイメイクテクニック

年齢を重ねるごとに肌のお悩みは増えていきますが、中でも上まぶたのたるみに悩む女性は多いもの。上まぶたが少しでもたるんでいると、目が小さく見えたり老けた印象を与えたりしてしまいます。いつまでも若々しく美しい印象をキープするためには、上まぶたにハリを与えることが大切です。
しかし、いくらアイクリームや美容液などを使ってケアをしても、すぐにハリを取り戻すのは難しいもの。そこでおすすめするのが、日々のアイメイクに工夫を取り入れるという方法です。アイメイクに使う色味やアイラインの引き方などに少しだけ工夫することで、ピンとハリのある目元を作ることができるのです。
マイナス5歳の目元を叶えるアイメイクテクニックをチェックしていきましょう。

上まぶたのたるみをカバーするアイメイクテクニック

・オレンジアイシャドウで目元を明るくハリ感アップ!

たるみが気になる上まぶたにハリ感を与えるためには、まぶたを明るく見せてくれるカラーのアイシャドウを使うことがポイントになります。
中でもとくにおすすめなのが、肌なじみがいいながらもフレッシュな印象をプラスしてくれるオレンジのアイシャドウ。パール入りのものを選ぶと、さらに目元が明るくなってツヤ感が与えられ、ハリのあるまぶたを演出してくれます。
下地の役割を果たすアイシャドウベースを塗り、まぶたのくすみをオフした上でオレンジのアイシャドウを二重幅よりも少しオーバー気味に伸ばしましょう。アイシャドウチップで塗り、しっかりと発色させるのがポイントです。

・跳ね上げライン&ブラウンアイシャドウで上まぶたを引き締める

上まぶたの中で、とくにたるみが気になる箇所といえば目尻ではないでしょうか。
アイメイクをする上で目尻に重点をおくことで、スッキリとしたハリのある目元を演出することができます。
キリッと引き締まった目元に仕上げるためにも、ブラウンのアイラインを目頭から目尻に向かって引きましょう。目尻は2~3mm程度はみ出させ、跳ね上げるように引くのがコツです。アイラインを引いたあとは、ブラウンのアイシャドウを細いチップにとり、ラインをぼかすように塗っていきます。これによってオレンジアイシャドウとのグラデーションができ、目元を大きく印象的にしてくれます。

・下まぶたにも手を加えて目元のハリ感をさらにアップ!

上まぶたのたるみをカバーするためには、実は下まぶたにも手を加えることが重要になります。下まぶたに明るさや引き締め感をプラスすることで、目元がリフトアップしたような印象に仕上げることができるのです。
まずは、くすみやたるみが気になる下まぶたの目尻に、肌なじみのいいパールベージュのアイシャドウをライン状に入れます。そして、ブラックのリキッドアイライナーを使い、下まつげの間を埋めるようにチョンチョンとアイラインを引いていきましょう。アイライナーを立て、筆の先で点を描くようにするのがナチュラルに見せるコツです。アイラインを引く範囲は、目尻から黒目までの部分だけでOKです。
このひと手間で目尻の輪郭が自然になぞられ、ぼやけた印象をオフすることができます。

下まぶたにも手を加えて目元のハリ感をさらにアップ!

目元は年齢が出やすい場所だからこそ、ケアやメイクによるたるみカバーが欠かせません。
とはいえ、あまりにたるみが進行していると、メイク自体がしにくくなってカバーしきれないことがあります。
そんなときには、美容クリニックで上まぶたのたるみ取り治療を受けるのがおすすめです。
たるみの進行状況や目の特徴にあわせて治療法を選ぶことができ、理想的なスッキリまぶたが叶います。また、上まぶたのたるみ取り治療を受けたあとは、リフトアップして見えるだけでなく、二重幅が太くなったり目が開けやすくなるなどのメリットも感じることができます。
上まぶたのたるみにお悩みの方は、ぜひ一度美容クリニックのカウンセリングでご相談ください。

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

CAPTCHA


  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2018年3月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別の投稿一覧