美容クリニックコラム

ぷくぷくの頬がイヤ! 顔が太る原因と対策方法とは?

ぷくぷくの頬がイヤ! 顔が太る原因と対策方法とは?

「太るとすぐに顔に出てしまう」「鏡を見るたびに自分の頬の丸さが気になる」このように、顔太りや頬の脂肪に頭を抱える女性は多いでしょう。
できることならば、モデルや女優のようなキュッと引き締まった小顔になりたいですよね。
しかし、誰もが憧れるような小顔を手に入れるためには、顔が太る原因を突き止めて、それぞれの原因に合った解消法を行うことが大切です。
そこで今回は、顔が太る主な原因とその対策方法をご紹介いたします。

あなたはどのタイプ? 顔が太る主な原因3つ

・朝起きるとまるで別人!?「むくみタイプ」
「朝起きたあとに鏡を見ると、パンパンにむくんでいる」という方は、むくみが原因で顔が太っているといえます。むくみの場合は、時間が経つとともに解消されていくことが多いですが、これが毎日のように続いていたり、むくみを放置し続けてしまうと慢性的なむくみにつながって、顔が大きくなってしまいます。
体は太っていないのに、顔だけが丸く太って見えるという場合には、むくみタイプであると思っていいでしょう。

・たるみまで引き起こすかも……「筋肉の衰えタイプ」
加齢に加えて日常的に表情が乏しかったり、会話の回数が少なかったりすると表情筋が衰えてしまいます。表情筋は、顔の表情を作るために必要な筋肉ですが、脂肪や肌を支える役割も担っています。そのため、表情筋が衰えてしまうと脂肪が垂れやすくなり、たるみが生じて顔全体が大きく見えたり、老けた印象を与えてしまうのです。
また、表情筋が衰えて緩んでしまうと、そこに脂肪がつきやすくなるため、さらに顔が太りやすくなるともいえます。

・体も一緒に太ったのなら「脂肪太りタイプ」
カロリーの摂取が多く食べ過ぎていたり、日頃から運動不足で体全体が太ってきたという方は、脂肪が原因の顔太りといえます。
食べ過ぎ飲み過ぎによるむくみ太りも一緒になっていることもありますが、基本的にはカロリー制限や運動などのダイエットを行うことが大切です。

小顔を手に入れるための方法とは?

・リンパマッサージ
顔太りの原因がむくみの方は、老廃物をスッキリと流すためのリンパマッサージがおすすめです。朝と夜の1日2回、洗顔のあとにスキンケアと合わせて行っていきましょう。
顔をマッサージする前に、耳の下から首筋に沿って鎖骨までを流すというマッサージを取り入れると、よりリンパの流れをよくしてむくみ解消に期待できます。
顔のマッサージは、頬骨の下あたりをほぐしたり、フェイスラインを流したりするのがおすすめです。

・表情筋を鍛えるエクササイズ
筋肉の衰えが原因で顔が太ってしまっている方は、表情筋を鍛えるエクササイズが最適。
普段あまり使わない筋肉も鍛えることができるので、小顔に加えてリフトアップも望むことができます。
表情筋のエクササイズはとても簡単で、大げさなくらいに口を開いたり閉じたりしながら
「あー」「いー」「うー」「えー」「おー」と言うだけでOK。1つずつ口の開き方を意識しながらゆっくりと行うのがポイントです。

ぷくぷくの頬がイヤ! 顔が太る原因と対策方法とは?

顔が太る原因はさまざまですが、小顔を手に入れるためには日頃からセルフケアを行っていくことが大切です。
また、時には美容のプロフェッショナルの手を借りて、顔の引き締めを行うのもおすすめ。
ウルトラアクセントVは、メスを使用しない施術で脂肪を解消していくという優れもの。
痛みやダウンタイムも無く、安心して施術をうけることができます。
ぜひ一度クリニックのカウンセリングに足を運んでみてくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

CAPTCHA


  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カレンダー

2017年4月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別の投稿一覧