有楽町高野美容クリニック 院長ブログ「白髪頭のつぶやき」

6

2017


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

検索

月別アーカイブ

広告

2017年06月15日(木)

二重切開法について

最近思うのは、一重の人と二重の人の睫毛の付け根のところの違いです。一重のまぶたは基本的に睫毛の付け根が皮膚で覆い隠されています。こういう瞼に埋没法をすると、睫毛の付け根が見えない二重になります。一方二重の人のまぶたは基本的に、睫毛の付け根が見えています。ですから睫毛の付け根が隠れている二重は非常に奇異です。そこまで気にしていない人が多いかもしれませんが。カウンセリングでそのことを指摘すると、たいていの人は睫毛のつけのが見える方がいいと言います。何故か。付け根を覆っている皮膚が睫毛を下に押し下げてしまうからです。ここを覆い隠しているのは余剰の皮膚です。ですから余剰の皮膚を切除するしかありません。これができるのは全切開の手術になります。こうすることで睫毛は下向きから上向きに変えることができます。一重の人に適しているのは全切開です。

全切開法詳細ページはこちら

Posted by 院長 at 2017年06月15日(木)   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.takano-beauty.jp/blog/tb.php?ID=132

ページのトップへ ページのトップへ

広告

最近の記事

最近のコメント

リンク集

お問い合わせ・ご予約 03-6206-1548 受付時間 10:00〜18:00

無料メール相談

カウンセリング予約

有楽町高野美容クリニック 公式ホームページはこちら

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright(C) 2009 美容整形・美容外科なら有楽町高野美容クリニック All right reserved.