有楽町高野美容クリニック 院長ブログ「白髪頭のつぶやき」

5

2016


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索

月別アーカイブ

広告

2016年05月05日(木)

広い二重の幅について

二重の人でも幅を広げてほしいと希望する人はたくさんいます。特に若い人は幅を広くしたいようです。幅を広げるには二つの方法があります。一つ目は二重の線(皮膚が折れるライン)を上にずらす方法です。多くの人がアイプチでしている方法です。埋没や部分切開の手術ではこれをやります。もう一つはそのラインから折れ重なってくる皮膚を切除する方法です。日本人の二重は上瞼の皮膚の折れ重なりですから、重なってくる皮膚を切除すれば二重の幅は広くなります。埋没や部分切開では皮膚を切除できませんから、全切開の手術のみがこれができることになります。全切開ではこのふたつにことをします。ところで、若い人は二重を広くしたがると言いましたが、部分切開ではあまりに広い二重を作ることはできません。皮膚を瞼板という組織に縫い付ける、ということをしますが、瞼板の高さは10mmくらいしかありません。ですから10mm位の高さに二重の線を求めるような手術はしにくいということになります。そのような場合でも奥の手を使って手術をしますが、できれば全切開の方がいいと思います。ちなみに日本人に合う二重のラインの高さは6から7mm位かと思います。

全切開法詳細ページはこちら

Posted by 院長 at 2016年05月05日(木)   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.takano-beauty.jp/blog/tb.php?ID=130

ページのトップへ ページのトップへ

広告

最近の記事

最近のコメント

リンク集

お問い合わせ・ご予約 03-6206-1548 受付時間 10:00〜18:00

無料メール相談

カウンセリング予約

有楽町高野美容クリニック 公式ホームページはこちら

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright(C) 2009 美容整形・美容外科なら有楽町高野美容クリニック All right reserved.