有楽町高野美容クリニック 院長ブログ「白髪頭のつぶやき」

1

2010


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索

月別アーカイブ

広告

2010年01月23日(土)

頬のたるみ

年齢に伴い頬はたるんでくる。みんな気にする。今日は頬のたるみに対して、どのような治療があるのか、お話しよう。まず機械を使う方法。当院ではテノールという高周波を出す機械を使っている。高周波を皮膚にあてることにより、皮膚内に熱を与え、皮膚の線維芽細胞を刺激して、コラーゲンを産生させる。コラーゲンが増えれば皮膚に張りが出る、しいてはリフトアップの効果が期待できる。次は手術的な方法。これには侵襲の少ない方法から、大きいものまである。一番侵襲の少ないものは糸を使う方法。ハッピーリフトとダブルニードルいう、糸自体にとげのようなものが付いていて皮下に入れた糸が組織に引っかかって、そのことにより支えになったり引っ張ったりできるものである。この手術は局所麻酔で短時間で行え、腫れはほとんど出ないし、内出血もほぼゼロ。受けて見易い手技だ。この糸を開発したのはイタリアのDr.Accardo だが、彼が日本に来た時私は彼と一緒に手術をして、直接手技を教えてもらった。現在多数のクリニックでハッピーリフトの広告を出しているが、手術のやり方などをみると本当にいい加減だ。ほとんど効果の出ない糸の入れ方をしていたり、皮膚が薄い目の下に入れるデザインを広告に出している。皆さんは騙されないように気をつけてほしい。侵襲が少ない手術とは言え、効果が出る、出ないははっきりとわかるものだ。次の手術について書こうと思ったが、時間が無くなったので次回にする。

Posted by 院長 at 2010年01月23日(土)   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://www.takano-beauty.jp/blog/tb.php?ID=24

ページのトップへ ページのトップへ

広告

最近の記事

最近のコメント

リンク集

お問い合わせ・ご予約 03-6206-1548 受付時間 10:00〜18:00

無料メール相談

カウンセリング予約

有楽町高野美容クリニック 公式ホームページはこちら

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright(C) 2009 美容整形・美容外科なら有楽町高野美容クリニック All right reserved.